治すために

日頃の生活でストレスを感じ、それが貯めこまれてしまうと体に症状として現れるようになるのです。そんなストレスによって刺激を受けやすいのが、胃です。胃がキリキリするとは良く利用される表現の1つであり、ご飯が進まなくなるのです。怒られてしまってやる気を失くしてしまった場合や失恋によって胸が苦しいと感じる場合には、胃が痛くなり食事が喉を通らなくなってしまうことも珍しくありません。そんなストレスを感じた胃はただストレスによって状態がおかしくなっているだけではない可能性があります。それは、ストレス性胃腸炎になっている可能性があるのです。このような病気を放置しておくと自律神経の乱れに繋がってしまうのです。その結果として、暑いときに体の温度調節が上手くいかずに暑い状態が続くことです。またストレスによって胃液が無駄に分泌されてしまうことも珍しくありません。この状態で食べ物お食べると、腸や胃の壁まで溶かしてしまうことがあり、穴が空くこともあるのです。このように痛みの原因は胃液が異常に分泌されている場合もあるので常にチェックしておく必要があるのです。胃や腸がとても小さくなっているときはなにかしらのストレスを感じている場合です。逆に気分が良いときの胃や腸は大きくなっておりどんどん物を消化できるのです。ストレスを感じ、胃や腸が痛くなりあまりご飯を食べることができないのは、胃が小さくなっているからなのです。更に強いストレスを受けると胃や腸は痙攣を起こしてしまう場合もあります。また胃や腸周辺の筋肉にも影響を及ぼすことがありその場合は筋肉痛のような状態になることも珍しいことではありません。このように胃や腸は人間の気持ちと強い関わりを持っているのでストレスによって自分の体をどんどん蝕んでいくことになるのです。

ページのトップへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加