自宅でも

触診は自宅でも実施できる

身体の悪性腫瘍の発見は、基本的に専門的な機械を利用しないと発見が難しいです。 悪性腫瘍の大きさは、早期段階ではポリープ程度の大きさと変わりがないためこれを目視で判断することは困難なのです。 そのため、普通は機械を利用して判断します。 しかし、乳がんに関しては別です。 乳がんは、悪性腫瘍の中でも比較的発見が容易ながんであるため自宅の触診でそれを発見することが可能です。 自身の乳房を触って、しこりのようなものがあればそれが乳がんとなります。 乳がんは、早期段階で発見できれば必ず治療が出来る病気です。 早い段階で手術を行うことができれば他に移転することもないため、身体に異常をきたすことなく無事に毎日を過ごすことができます。

専門機器を利用したがんの発見方法

自宅の触診でも発見できる乳がんですが、もちろん専門的な機器を利用して発見することも可能です。 特に、現在ではマンモグラフィや超音波検査で調べることが一般的です。 マンモグラフィでは、初期段階の石灰化を正確に映し出すことができます。 マンモグラフィによる診断は、過去の診断と比較しやすい傾向にあるため定期的に診断を行うときには重宝するのです。 超音波検査も優秀で、マンモグラフィでは見ることができない乳房の深部を見ることができます。 エコーを利用すると放射線被爆をすることがないため、妊婦であっても検査を利用できるメリットがあるのです。 触診によって手軽に症状を判断できますが、より精密に検査をしたいときにはこれらの検査方法を利用することができます。

ページのトップへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加